セラミド化粧品

美白のためには保湿が必要!なんで、どうして?

「美白のためにはとにかく保湿!」これっていったいなんで?

 

美白のために保湿をしよう、というのは、よく耳にすることだと思います。実際、「美白」について考えているサイトの中で、「保湿」について言及していないサイトは、皆無と言ってもいいでしょう。また、美白美容基礎化粧品として開発されているもののホームページを見に行けば、美白と同じくらいの重要度をもって、「保湿」が大切に論じられているのがわかるはずです。

 

でも、保湿と美白は一見すると関係のないように思えます。なのに、どうしてこんなに強い結びつきがあるのでしょうか?

 

 

保湿が大切な理由

 

まず、肌が乾燥していると、なかなか有効成分が肌に入っていきません。これが一番の理由です。吸収率が悪いのですね。潤った肌、乾燥していない肌の方が、美白成分は「素直に」浸透していくことになります。そのため、この働きがとても大事なのです。

 

次に、かっさかさの肌というのは、どうしてもくすみやすく、顔色が暗くなってしまう、というのもその理由のひとつです。潤いがあり、ハリがある肌というのは、それだけで顔をワントーンもツートーンも明るく見せます。乾燥した肌では、このような効果は見込めません。

 

美白、といっても、美白成分の入ったものを顔に塗り込めばそれでいい、というわけではありません。その美白成分を浸透させるには、日々のお手入れである「保湿」がとても大切なのです。