セラミド化粧品

セラミド化粧品って何?

知りたい、セラミド!

セラミド化粧品、という言葉は、頻繁に耳にします。お恥ずかしながら私は、「『セラミ』ってつくからゴマの成分か!」と信じ込んでいました。まぁ完全に間違いというわけでもないのですが、もう少し詳しく知りたくて、いろいろ調べてみました。
まずセラミド化粧品が肌にいい、とされている理由を考えていきましょう。一つ目は、セラミド化粧品は皮膚への刺激が非常に少ないということです。ワセリンも同じですが、ビタミンクリームを塗ったときのような肌荒れは、ほとんどおきません。また、保湿効果もそれなりにあり、保湿剤の使用感も悪くないことが多いです。

アトピーでも大丈夫

セラミド化粧品のもっとも大きな特徴は、「アトピー性皮膚炎であっても使用可能」ということです。これはセラミド化粧品ならではの、とても大きなメリットである、といえるでしょう。アトピー性皮膚炎のひとは、角化層のセラミド含有量が低下している、という研究もあるため、セラミド化粧品はそれを補い、補助してくれるのです。こう考えていくと、セラミド化粧品は、「アトピー性皮膚炎であっても使用可能」というよりは、むしろ「セラミド(化粧品)はアトピー性皮膚炎の治療薬として利用されている」と考えるべきでしょう。
そんな有能なセラミド化粧品ですが、これは実は医薬部外品。つまり、近所の薬局で簡単に買えてしまうというわけ。デメリットらしいデメリットはありませんが、出血しているところにつけてしまうと、ちょっと出血量が増えるかも。