ビタミンe誘導体

ビタミンE誘導体とは何か

美容業界においての「ビタミン」といえば?

美容業界において、「有用なビタミン」というと、まず真っ先に思い浮かぶのがビタミンCです。ビタミンCはとても壊れやすい成分であり、水溶性であるため、肌に吸収されづらいというデメリットがあります。しかしながら、ビタミンCは、美白、抗酸化作用、殺菌作用の強さから、非常に有用です。
そのため、体内にとりいれたときに酵素反応によってビタミンCに「変わる」ことができる、強い合成物質であるビタミンC誘導体が開発されました。これによって、ビタミンCの効果を、効率よく発揮させることができるのです。

ビタミンE誘導体

しかし美容にいいビタミンは、ビタミンCだけではありません。ビタミンEも非常に有用です。特に紫外線への「サンバイザー」として働いてくれます。しかしながら、ビタミンEも不安定な物質です。水溶性ではないものの、油状の形状のため、化粧品への配合は難しいとされていました。
そこで、ここでも「誘導体」が働きます。ビタミンE誘導体となった「ビタミンE」は、適度な水溶性を持っているため、化粧品への配合が容易になりました。これにより、紫外線が原因で起こるニキビなどを大幅に駆逐することが可能になり、予防するための有用な手立てとなったのです。
ビタミンE誘導体は、ビタミンC誘導体の陰に隠れがちですが、こんな効果があるんです。忘れないでいてあげてくださいね!