酸化防止ビタミンc

商品としての酸化防止剤、美容健康の面での酸化防止剤ビタミンC

缶飲料のビタミンC、美容健康目的のビタミンC

私たちが「ビタミンCは酸化防止剤」という言葉を聞くとき、そこには二つの意味があるように思います。一つ目は、缶飲料などに入っているビタミンC。もう一つは、美容目的・健康目的のビタミンC。
この二つはまったく別物のように思えますが、両方とも「酸化防止剤」として用いられることが多いです。では、その働き方は違うのでしょうか?その中身を見ていきましょう。

どちらも同じ作用を利用している

実は、「缶飲料における酸化防止」も、「美容・健康における酸化防止」も、まったく同じ作用でおきているのです。ビタミンCは、非常に酸化しやすい物質です。ビタミンCは自らが酸化することによって、お茶ならお茶の、体内なら体内の酸素を取り除き、全体を酸化から守るわけです。
つまり、缶飲料の酸化防止作用も、体内の活性酸素に対抗して起こる酸化防止作用も、「ビタミンCが酸化して、全体の酸化を防ぐ」という意味では一緒なのです。お茶などに含まれているビタミンCの働きと、生体内にとりこんだあとのビタミンCの働きが同じ、というのは、何とも不思議な話ですね。
尚ビタミンCは、ほかにもコラーゲンの生成や殺菌作用、美白効果を有します。このため、ビタミンCは美容に対して高い効果を誇ります。加えて健康維持という観点でも、非常に高い評価を得ています。