ビタミンと美容の関係性

ビタミンと美容の間違い

間違えやすいビタミンと美容の関係

ビタミンと美容が密接な関わり方をしている、ということは、もう言わずもがなだと思います。多くのひとがその有用性をみとめ、実際にとりいれているでしょう。
そのようにかかわりが深いからこそ、ぜひ知っておいてほしいことがあります。それは、「こうしたらよくなる」と考えていることは必ずしも正しいとは限らず、案外勘違いしていることが多い、ということです。
その具体例をみていくことにしましょう。意外な「えー、そうだったの?!」が見つかるかも!

フルーツパックは効果なし!

「ビタミンは肌にいい」「フルーツにはビタミンがたくさん含まれている」だから、「フルーツパックは肌にいい」。
こう考えていませんか?これは確かに間違いやすいですよね。実際、かつてはこう思われていたフシもあります。でも今は、このような考えや方法では、ほとんど効果がない、と言われています。
なぜかというと、ここでいう「ビタミン」(多くはビタミンC)は水溶性だからです。水溶性のものは、肌ははじいてしまいます。うまく皮膚の中に吸収されないんですね。そのため、せっかくフルーツパックをしても、皮膚に浸透しないんですよ。
では、どうやって吸収するか。そこでフォーカスされるのが、ビタミンC誘導体です。これは体内に取り込まれると、酵素の働きでビタミンCになります。この方法ですと、角質層にもしっかりビタミンがいきわたります。

 

美容とビタミンの関係性

「塗る」という方法

美容とビタミンが深い関係にあることは既に多くのひとが知っています。「食べる」「塗る」、両方の方向から、ビタミンと美容の関わり方をみていきましょう。
まずは「塗る」という方法。これは化粧水などが代表例ですね。
でも、ちょっと待ってください。ビタミンは、ただ単純に塗るだけでは吸収されないんです。というのも、ビタミンCなどは水溶性だから。肌は、その性質として、「水溶性のものをはじく」というものを持っています。
そこで力になってくれるのが、ビタミンC誘導体。壊れやすい水溶性のビタミンCが、この誘導体に姿を変えることによって、肌に吸収されやすくなるんです。
ただ、ここで吸収されるのは角質層だけ。しかしそれでも、メラニンに対抗したり、引き締め作用はありますよ!

「食べる」という方法

もう一つの方法は「食べること」。ビタミンCは特に酸っぱいイメージがありますが、本当は味はしません。これは、お菓子業界のイメージ戦略である、と言われています。ビタミンは体内が酸化するのを防ぎ、抗菌作用も持っています。つまり、「内側からきれいにしてくれる」作用がある、というわけです。コラーゲンの生成にも役立ちますから、美容にはまさに欠かせない成分ですね!
また、ビタミンがたりなくなると、不眠の症状などを引き起こしてしまう危険性もあります。こう考えるとビタミンは、美容のみならず、「健康な生活を営むこと」にも必要不可欠な栄養素である、といえるでしょう。